kick the base

好きな映画、音楽、マンガ、プログラム、デザイン、3DCG、ゲームのこと。

Houdini: ホットキーをカスタマイズして快適になった話

はじめに

ぼくは環境が変わっても作業できるように、多くのツールは基本的にデフォルトで使っています。しかし、とてもよく使う操作に関してはホットキーを割り当ててみようと思い、ふたつだけ追加してみたところ、非常に快適になったのでそのお話をします。とても小さなTipsです。

続きを読む

Adobe XD ことはじめ ~ワイヤーフレームを作った話

先日ぼくがディレクションをしている案件でAdobe XD(以下XDと略)を導入したのでその雑感をまとめます。作成したのはワイヤーフレーム(以下WFと略)のみでしたが、サイトデザインのメインツールに置き換え可能なポテンシャルを感じました。

本記事ではXDの魅力と疑問点について記載します。

本記事はXDを触り始めて数日間のライトユーザーが書いています。間違いなどあればご教示ください。

  • 執筆時の環境
  • 導入のきっかけ
  • 所感
    • 軽い
    • コンテキストを主軸にしたビュー構成
    • リピートグリッド最強説
    • ショートカットベースの設計
  • これできないの?
    • 一時的に選択ツールに変更できない?
    • 文字列長が違う複数の文字列の間隔を等しくしたい
    • シェイプでマスク(C-S-M)したあとはベベルハンドルが使えない?(できた)
      • 追記
  • 備考
  • 参考リンク
  • まとめ
続きを読む

第15回3DCG Meetup振り返り

2019/5/18(土)に3DCG Meetup#15が開催されました。本記事は各セッションの復習をしながら会全体を振り返ってみたいと思います。

  • 第1セッション さっくり作れるキャラクターアニメーション Akeytsuのお作法と注意点について
  • 第2セッション ExtendScriptの最新開発環境とCEPについて
  • 第3セッション Houdini Step Zero - 旅立ちの準備
  • 第4セッション 【新基軸】UVどう切る?問題集
  • 懇親会&2次会&3次会&4次会
  • 反省点
    • キャンセルポリシーについて
      • キャンセル
      • 無断キャンセル
  • まとめ
続きを読む

Houdini: SubdivideやResampleで生成されたポイントをグルーピングする

プロローグ

2019/4/6に第1回HoudiniAidを開催しました。振り返り記事はこちら

本記事ではそこで僕が質問した内容をまとめようと思います。ありがたいことに勉強会やTwitterを通して様々な方がアドバイスをくださり、最適な解を得ることができました。この場を借りてお礼申し上げます。

お題

SubdivideやResampleによって増加するポイントを判定したい

以上。やっていきましょう。 

続きを読む

Houdini: 第1回HoudiniAid開催しました!

HoudiniAid、始動!!!

4/6(土)、参加者みんなで教え合うHoudini勉強会、株式会社ヒストリア様にて無事第1回が開催できました!!

合計7時間という狂気の長丁場にもかかわらず、下記ツイートをいただきました。運営として嬉しい限りです。

続きを読む

Houdini: 影響範囲のコントロール方法

今回のお題

Twitterにこんな感じのアニメーションが流れてきたので作ってみたところ、これは初心者向けにいい題材なのではないかなと思ったので記事にまとめました。

本作例を通して大切なことは下記の通り。

  1. 一見複雑そうに見えるアニメーションをどう分解するか
  2. 影響範囲をどうコントロールするか

そして今日見かけたアニメーションも同じ仕組みでいけるなと思ったのでそちらも作りました。

せっかくプロシージャルで作っているので、使いまわしできるところに気が付くとよいかと思います。

以上。やっていきましょう。

続きを読む

Houdini: みんなで教えあう勉強会を企画しています

勉強会の趣旨

下記に勉強会の構想を書いておきます。

  • 参加者は基本的に「自分が事前に作成したシーンファイル」を持参し、発表をしながらより良いアイデアを募る。
  • 質問は「ここから先が実装できなかった」等の具体的なものでも、「実装はできたけどもっと良い方法がありそうな気がする」等のふんわりしたものでもOK。
  • 持参するシーンファイルは何個あってもOK。もちろん疑問点の難度は不問。参考書やWEBで見かけたネットワークのこのノードの意味が分からないなどでもOK。
  • シーンファイルを持参しない初心者見学枠や特に疑問点もないが参加してみたいといった経験者アドバイザー枠も用意できればと思ってますが、一般参加者よりも枠は少なくなる予定。
  • 手ごたえがあれば定期開催したい。(やってれば疑問点は出てくると思うので)
  • Discordサーバも立ててオフラインでも学びあえる場を作れるとよりGOOD。

日程・場所は現在調整中ですが、Twitterのハッシュタグ#houdiniaidを追っていただくか、ぼくのTwitterアカウントをフォローしていただければキャッチアップできるかと思います。

ぼくのTwitterアカウントはよくスクリーンネームが変わりますがご了承ください。

以下にこの勉強会を開催しようと思った理由を書いていきます。賛同いただける方はぜひご参加ください。

続きを読む