kick the base

好きな映画、音楽、マンガ、プログラム、デザイン、3DCG、ゲームのこと。

Houdini: 僕なりの学習法

本記事はHoudini Advent Calendar 2018 5日目の記事です。

Houdiniをはじめて2年目のめんたいこです。最初の1年は勉強に徹し、仕事に導入し始めて1年が過ぎました。(最初の1年の軌跡はこちらにまとまっています)

「Houdiniは難しい!」と変なバイアスをかけるつもりはありませんが、簡単かというとそんなことはないなぁというのが正直なところです。

そこで今回は初心者向けに僕なりのHoudini学習法についてお話します。いつかネットワークを自由に組める日が来る時のためにお互いがんばっていきましょう!

※サンプルデータも配布しますのでご興味がある方はDLください。

  • サンプルファイル
  • 今回使用するhipファイルの説明
  • 本記事の流れ
  • 準備
  • はじめの一歩
    • コメントの作成方法
    • スティッキーズの作成方法
    • [ コラム ] ノードの効果を確認するには?
  • Step1 最小のネットワークを組んでみる
    • Attribute Rename
    • Mountain
    • Polyframe
    • Resample
    • Transform
  • Step2 自分の知識と組み合わせてみる
    • Mountain/Ray
    • Resample/Copy to Points
    • PointWrangle/Polyframe/Copy to Points
  • まとめ
  • 参考サイト
続きを読む

Z shellの設定と第10回DTPerのスクリプトもくもく会について

先日第10回DTPerのスクリプトもくもく会に遊びに行かせていただきました。楽しかったー。

ぼくは紙もののCGを担当させていただくこともあるんですが、基本的にはDTPerではない感じの人です。それでも皆さんお優しくしていただき本当にありがたい感じです。

その会の中でshellの話になり、意外とshellの設定の話とかしないよねって話題になったのでぼくの.zshrcを雑に晒します。(抜粋です)

ぼくはfishも併用してるのであんまりこだわりの設定をしてるわけじゃないのですが、オススメ機能などを軽く紹介していければと思います。

続きを読む

第14回 3DCG Meetupの道のり

来たる2018年12月8日(土)、3DMU OSAKAが開催されます。 今回大阪開催ということもあり、特に関東遠征勢が会場へスムーズに到達できるよう、けいえむさんが経路の写真を撮ってくださいました!ありがとうございます〜!!!

こちらを参考にご来場いただければ幸いです。

  • JR大阪 御堂筋北口〜ヨドバシカメラ ルート
  • JR大阪 中央北口 ルート
  • 二次会 ビアブルグ梅田周辺写真
  • まとめ
続きを読む

Houdini: Input/Outputともにコネクトされていないノードを検出するスクリプト

今回は短い記事です。備忘録として。

ほんとにたまになんですが、ノードを繋げたつもりだったのにラインの上に乗ってるだけって状態になることがあります。パッと見きれいに整列されてるのでよほどしっかり見ないと差がわかりません。そこで、入出力ともにどのノードとも繋がっていない離れ小島のノードをチェックし、見つかったらノードの色を赤くするというスクリプトを作りました。

f:id:kickbase:20181121234825p:plain

続きを読む

ゲーム評: スマッシュアンドマジック

皆さんお元気ですか。ぼくは毎日忙しくしています。

僕が大好きだったスマホゲーム、スマッシュアンドマジック(以降スママジと略)が2018年10月31日にサービス終了することになり、思い出を綴ると共にどうすればサービス終了を避けることができたのかについて徒然なるままに書いていきたいと思います。

UI考察: スマッシュアンドマジック。こんな記事を書くくらいですからだいぶ入れ込んでプレイしていました。

当然のことながら僕は開発・運用の内情は全くわからないので、思考実験の域は出ません。しかし、これほどハマったスマホゲームはなかなかなかったので、感謝を込めたレクイエム、もしくは次回作へのエールのようなものとしてここに記します。

続きを読む

ゲーム評: Doki Doki Literature Club!

今回はDoki Doki Literature Club!(以下DDLCと略)についてのゲーム評です。本作はギャルゲーの皮を被ったホラーゲームですので、ホラーゲームが苦手な方、特に精神攻撃を避けたい方はスルーしたほうがいいかもしれません。しかし非常に実験的な本作、ユーザー体験として学びが多いのでぜひプレイしてみてはいかがでしょうか。

無料ですし。日本語パッチありますし。

続きを読む

Houdini: HDAとしてビルディングジェネレーターを作った話

今回の記事はとある案件用にHDA(Houdini Digital Asset)を作成したお話です。サンプルデータも配布しますのでご興味がある方はご参考ください。

  • サンプルファイル
  • HDA制作の経緯
  • 本記事で作るもの
  • HDA作成手順
    • ビルの作成
      • パラメータはNull(CONTROLLER)にまとめる
      • パラメータにはデフォルト値を設定しておく
      • カーブを接続した状態をSwitchノードでチェック
      • プロシージャルにUV展開ができてるかどうかチェック
    • Subnet化
    • SubnetをHDA化する
    • 使う
  • 参考サイト
  • まとめ
続きを読む